curriculum night
9月20日

この日は子ども達の通う小学校で、夜7時から9時までカリキュラムナイト(学年懇談会みたいなもの)がありました。昨年は、夫の協力が得られず欠席したのでぜひ今年こそはと思っていたら、やっぱり夫が不のため、出られませんでした。

開始時間が夜7時という事で子どもは連れて行けません。この場合、夫に子どもを預けるしかないのですが、夫が当てにならなければベビーシッターという事になりますか。しかし、たった一日の為にベビーシッターなんぞ探して頼む事も出来ないので、けっきょく諦める事になったという訳です。
 このカリキュラムナイトですが、校長先生や担任の先生の挨拶&自己紹介や、教育関連の資料を貰い説明を聞くというもの。要は説明会ですね。こういったことは日本と特別変らない様な気がします。では、出席しなくてもいいのか言うとそうでもなく、この日は子どもの教室を見学できる唯一の日なのです~。
こちらでは授業参観が無いので、学校に用が無ければほとんど校舎に入る事がないし、ましてや教室に入る事も無いのです。もちろん、自ら見学したいと言い出せば可能ですが、そのためには先生とアポイント取らなくてはならないし、何かと大変なのです。

私は行けなかったので新しく着任された校長先生の顔も知らず、また、長女の担任の先生の顔もよく知らないまま今に至ってますが、いずれ顔をあわせるときが来るので待っている事にします。

そして、このカリキュラムナイトを欠席するにあたり、そのまま無言で欠席はまずいかな?と思ったので、各担任の先生にお手紙を書いて渡したのですが、その返事を貰えたのは長女の担任の先生だけでした。次女の先生からは一切何もコメントがなく、翌日には、次女がカリキュラムの資料をどっさりともらってきただけでした。A4タイプのファイルを各自もらっているので、そのファイルの中に資料と一緒に返信があるかな、などと期待したのですが、ありませんでした。無きゃ無いでいいのだけど、私としてはがんばってコミュニケーションを取っているという気になっていたので、ちょっぴりショックかな、なーんて思ったり。(考えてみれば大したことではありませんが)

就寝前に少し資料に目を通しましたが、寝る前はダメですね。英文見ただけですぐ眠くなっちゃって。逆に考えれば、いい眠り薬になって良いかもね。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-23 03:00 | トロント小学校
今週は何かと忙しい
今日はとっても肌寒い一日でした。
今朝の気温は11℃。そろそろコートやジャケットを用意しておかなくては。

今週は、夫が学会で不在ということもあり、私は家のことや子供の面倒などで普段の2倍は忙しくしていますが、何気にお気楽生活を楽しんでたりもします。
しかし、そうはいっても子供の宿題などに追われて自分の時間が持てず、ブログの更新も出来ないでいましたけどね(笑)
とりあえず宿題の方はなんとか提出し、少しは楽になったか?というと、そうでもなくて。
明日は、次女のお友達の誕生日会に行かなくてはならないのです。平日のpartyなのでなにかと大変ですが、仲のいいお友達なのでお断りも出来ず。次女も楽しみにしているので、連れて行くつもりでいます。また2時間、どこかで時間を潰さなくては・・・。
長女にも一緒に付いてきてもらうため、二人で寛いでいようと思います。(でも長女はその翌日スペリングテストがある為、勉強させなくてはいけませんでした!!)

e0011833_61883.jpg昨日の写真なのですが、ちょうど英会話教室に通う途中、朝の公園がきれいだったので撮ってみました。
こんなことをしていたので、英会話教室には思い切り遅刻してしまいました!
(ダメですね~遅刻は!)





e0011833_6185316.jpg夕方、子供達から、「なにかおやつを作れ~!」とうるさく言われてしまったので、簡単なスコーンを焼きました。今回は美味しく出来たと思います。ハチミツをかけて食べたのですぐにお腹も満腹になり、こどもたちも大満足のようでした。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-21 06:30 | トロント生活
美しいMaple Leaf
9月15日 くもり 18℃~21℃

このところトロントはお天気が悪く、私もお天気の様子に左右されてあまり調子よくないのですが、そんな気分を変えてくれる小さな出来事がありました。
e0011833_4253513.jpg

お昼の帰宅途中、次女が拾ってきたメイプル・リーフです。帰ってくるなり自分のノートに糊で貼って、こんな風に見せてくれました。とってもキレイですよね。次女の芸術作品にちょっと感動してしまった親ばかな私です(笑)

トロントの木々はまだ緑が多いですが、だんだん紅葉してきて、すでに幾つか落ち始めているのもあります。

考えてみると、私たちがメイプルの葉を見られるのもこの時期が最後なのです。
来年帰国する頃までに葉っぱ達はまだ芽吹いていないと思うので。
寂しいけど、仕方ありませんよね・・・。それでも、四季折々の暮らしが出来たカナダの生活は、何かと大変でありながら楽しかった様な気がします。
 
次女の作品は、しばらく“なんちゃって暖炉”の上に飾って置こうと思います。


e0011833_519415.jpg

*今度は花を拾ったようで、これを回りに貼ってようやく完成だそうです。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-16 05:21 | トロント生活
English Conversation・初日の感想
いよいよ私の英会話教室が始まりました!

今週2回目が終了したところですが、手ごたえは・・・?
今のところたったの2回しか受けていないので、有るとも言えませんが、まあまあいい感じのスタートを切ったと思います。
そうは言っても、初日の自己紹介はかなりヒドイものになり、自分の実力がかなり低い事を実感しました・・・。でも、自分の能力が今どれぐらいなのかを知ることは必要なので、いい発見になりました。これから進んでいく上での良い指針になったと思います。

2回目の今日は、私の子どもの事をみんなの前で紹介しました。いわゆるプレゼンテーションです。やはりわたしの場合、人前に出て話をするということがそうそう無いので、かなり緊張して、言いたいことも言えずに終わってしまったという感じです。頭の中に話す事をインプットしておいたのですが、思っている事が十分に発揮できず、残念でした。
何度か挑戦すればいずれ結果は出ると信じてますが、やはり私の努力も必要ですよね~。
がんばらなくちゃなぁ~。

とりあえず今始まったばかりだし、落ち込んでいても仕方ないので前向き姿勢を崩さず、英語に親しみを感じて行きたいと思います~。

お教室の雰囲気など、また後日UPしていきたいと思います。お楽しみに!!
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-15 08:45 | 英語の勉強
チャレンジ!
9月8日

現在の子供達の様子ですが、今のところ順調に学校に通っています。
2日目から次女は、夜ベッドの中で泣く姿もありましたが、今は楽しみながら通っています。
やはり不安があったのでしょう。それでも昔に比べると泣かなくなりました。
次女は日本で幼稚園の年少さんを1年だけ経験していますが、私と別れるときには良く泣いたものです。突然行きたくないと言い出す日もあり、困らせることもしばしばありました。
それに比べたら、今は逞しくなったと思います。
Gr1だと初めはまだお勉強らしい事はせず、絵を書いたりゲームをして楽しむそうです。今日はSwimmingがありましたが、みんな興奮してわめいたりする子が多く、プールもつまらなかったと言っていました。長女がお勉強らしい事をしているので、次女も早く算数などやりたいようです。
お友達も少し出来たようで、黒髪のオカッパの女の子が次女によく声をかけてくれています。次女もその女の子にスナックをあげたりして楽しそうにしていました。


長女の方は、Gr3ともなればお勉強もさっそく2日目から開始。ReadingとWriting(英語の読み書き)、それにMath(算数)が中心になってやっています。英語の読み書きにはかなり時間を費やすようで、Reading Writingだけでも一日に勉強する時間は180分。朝から90分づつ勉強しているようなのです(時間割表を見る限り)。
そしてMathは60分。あとは理科や社会がぼちぼちあるだけです。あと、とっても気になったのは、Gym(体育)が週に1回だけで、それもたったの40分しかないのです。ここの学校はPool(swimming)があるのでPoolの時間(週1回)を加えても少ない気がします。
これで少ないと思ったなら、あとは家で運動をやらせるしかないのでしょうね。
長女の時間割表を見ると,本当に英語と算数に力を入れているのが解ります。宿題や毎日の勉強もハードになってくるかと思いますが、あと半年後、長女がどのくらい話せるようになっているか楽しみです。
今日は朝からGymがあり、サッカーのような事をしたそうです。みんな体育の先生の話を聞かないで喋ってばかりいた、と話してくれました。こちらの子も雑談が多いようです。


ついでに、わたしの事も少し。
来週からですが週2回ばかり英会話教室に通おうと思っています。
次女の入学とともに午前中時間も取れるようになったことだし、残り少ないトロント生活の思い出の為にも、やってみようと思いました。
英会話教室での目的はもちろん話せるようになることに尽きますが、わたしの到達目標は「緊張しないで話せるようになる」という事でしょうか。人前で話すのが苦手な私。特にカナディアンと話すときは何故か緊張してしまい、頭が真っ白になってしまうのです。どれだけ話せるかというより、私には「緊張しないで話せる」という事がどうも必要みたいです。
「話せる」というのも漠然としていますが、日常英会話を中心に教えて下さるようなので、友達のユンジョンと今の会話よりももう少しワンランクアップさせて話せるようになればいいかな、と思います。(今の会話は初心者レベルです)
英語は何度も何度も挫折してきた私ですが、繰り返さないようにがんばります~。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-09 13:13 | 英語の勉強
新学期スタート!
9月5日(火) くもり 18℃~21℃

今日から新学期がスタートしました。
朝から子供達はたまごっちのゲームをするぐらいの余裕ぶりで、私や夫の方が緊張していました。学校初日というのは、親の方も妙に緊張しますね。
次女がGr1になりましたが、こちらでは特にセレモニーなど無いので、普通にリュックを背負って登校です。時間も初日であろうが何だろうが3時半で終了なので、次女にとっては初めての長い時間を学校で過ごす事になります。もちろん、長女のことも心配ですが、次女の方がもっと心配。「トイレにいけるか」とか、「先生の名前は言えるか」など、気がかりな事はいっぱいあるからです。特に心配性の私なので、朝からソワソワ落ち着かずにいました。私一人では不安だったので、初日の今日だけは夫にも学校まで行ってもらいました。
(私は前の晩から緊張して眠れませんでした)

子ども達もお友達を見つけるまで顔がこわばっていましたが、長女はGR2の時に仲が良かったElizabethと会うなりハグし合ったりして、スムーズに溶け込んで行きました。Elizabethとは今年もクラスが一緒で、教室の席も隣になったとか。そして、お互い夏休みをどう過ごしたかなど話したそうです。夏休み中しばらく英語に遠ざかっていた長女ですが、すぐに会話にも溶け込込めたみたいです。お昼の帰宅時に話を聞いて一先ず安心。ホッ。
とにかくGr3進級おめでとう!あと僅かな期間しかないけど最後まで一緒にがんばろうね。

e0011833_216598.jpge0011833_2472479.jpg
次女は、知っているお友達が別のクラスになってしまいちょっと残念そうにしていましたが、元気よく校舎に入っていきました。Funnyな次女の事だから、きっとすぐにお友達が出来るでしょう。1年生になったことをとても喜んでいるので、これからの活躍に期待します。
GR1おめでとう、次女!
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-06 03:46 | トロント小学校
Souvenir -旅行の土産-
9月4日 Labor Day

ケベック・モントリオールで買ったお土産を紹介します。
だいたいお土産で自分用に買うものといったら現地の絵葉書ぐらいなのですが、今回は違います!絵葉書も買いましたが、特別に気に入った物が見つかり、いつもこれを見ては旅行の事を思い出しています。

まず、ケベックで買ったものです。

e0011833_1154411.jpg
これはよくあるようなポストカードです。写真がとても奇麗だったので購入しました。もう1枚買ったのですが、現地で夫の両親宛に出しました。






e0011833_11591921.jpg
これはお土産用のナンバープレート。下のところに“Je me souviens”(私はわすれない)という言葉が書いてあります。この言葉に惹かれて購入しました。418というナンバーはケベック州のエリアコードナンバーなので、あえてこの数字を選びました。白地に青の配色がいい感じです♪




e0011833_12131730.gif


次はモントリオールで買ったもの

e0011833_1264352.jpg
モントリオールのお店で見つけた本物のナンバープレート。4箇所の止め穴には錆びたネジ跡もついています。本当に使われていたんだなと思うように、少し歪んでいるところが気に入りました。お土産の中ではこれがいちばんのお気に入りです。クリーム色と茶色の配色ががカワイイ。



e0011833_12145783.jpgこれは、サンテレーヌ島でオールド・フォートとスチュワート博物館を訪れたときに購入した絵葉書とスタンプの入ったセットです。軍服のボタンと同じ形のバッジも入っていました。スタンプは切手風のシールです。絵葉書には、フランス軍とスコットランド軍の戦いの様子が描かれています。私がこのセットを買った後に、小学生ぐらいの女の子も同じ物を選んで買っていました。






e0011833_12251594.jpg最後に、これはカナダの古切手を集めた物です。
モントリオールで買わなくてもトロントでも売っていそうなものだけど、私も夫も切手集めが好きな方なので、夫婦ともに気に入り購入しました。若き頃のエリザベス女王が美しいです。他、珍しい切手も幾つか入っているので、切手コレクターにとっては嬉しい品かも。100枚入りで7㌦前後でした。

あと、子供達用にはキーホルダーやぬいぐるみを買ってあげました。(ぬいぐるみはおもちゃ屋でも売っているようなもの)何もここで買わなくてもいいものを、「欲しい~」と言われると、これも記念だから「ま、いっか」と言う具合に買ってしまいました。
また、子供達は行く先々で拾った石や葉っぱ、どんぐりや松ぼっくりなどの自然のお土産を持ち帰ってきました。ビニールに入れて大事にとってあります。これを眺めて何を思い出しているのやら・・・。自然のお土産というのもなかなか良いですよ!子供達、やるじゃん!などと思った私でした。 
                         ~おわり~
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-05 13:15 | 旅行
久しぶりにトロント生活ネタ
9月2日 雨

旅行のお土産の記事を載せる前に今日の出来事を少し書こうと思います・・

肌寒い雨の中、ある巨大ショッピングモールに行って来ました。
もうすぐ新学期が始まるトロントでは、今日から3連休です。4日の月曜日は、“Labor Day”でお休み。その翌日の5日から新学期が始まります。
新学期に備えてここのモール内にあるWAL-MARTで子供達の靴や文房具などを購入しました。Back To School セールもやっているためか、モール内はものすごく混雑していました。

買い物を終えてフード・コートでお昼ご飯を食べようと思い席を探していると、3人ぐらいの若い女性グループが食べ終わろうとしていました。
フード・コート内は凄く混んでいたので、他の人に席を取られまいと思い、その人達が去るまで近くで待つことにしました。しかし、何か気に入らなかったのか自分達の食べた物を片付けないで、テーブルに置きっぱなしにしてさっさと帰って行くではありませんか。次に座ろうとしている私たちが居ることを知っていて片付けないで帰っていくなんて、ちょっと普通じゃ考えられません。
もう席に着いたとたん、他人の食べた物を私達が片付けるという信じられない気持ちと嫌な気分でいっぱいになりました。
「絶対あれは嫌がらせだし、普通じゃ考えられない」と、憤慨して夫に言うと、
夫は、「ただの低俗な人で、片付けるのが普通だと思わないんだよ・・・」と。
そうね、こういうとき次の人のことを考えて自分の食べたゴミは捨てるって普通に思うことだけど、私と同じ考えを持つ人ばかりではない事は確かね。色々な人がいるトロントだけど、でもこれって最低限のマナーでしょ?ああ、なんだか最低な人達だわ~。

今日はとっても気分不快なランチでした。(ご飯は美味しかったけどね。)
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-03 15:51 | トロント生活
旅の記録-モントリオール観光
旅の最後の都市、モントリオールにやってきました。

ここはケベック州の都市で人口350万以上、パリに次ぐ世界で2番目に大きいフランス語圏都市です。カナダ国内では、トロントに次ぐ第2の都市となっています。
歴史を感じる建物と近代的な高層ビルが混在している街並みは、どこか不思議な感じがしました。行き交う人々はフランス語と同時に英語も話せるようで、バイリンガルぶりが見受けられました。そして、芸術やスポーツの面でも進んでいるモントリオール。6月にはF1が開催されたり、モントリオール最大のお祭り、“国際ジャズ・フェスティバル”が開催されたりと、世界から訪れる人が後を立たないようです。私たちが観光を終えた翌日の24日からも、モントリオール国際映画祭が開催されたようです。惜しくも日がズレてしまいましたが、これはトロントでも開催されるので今から楽しみにしています。
そんなモントリオールの魅力を少しばかりですが、訪れた場所とともに紹介していきたいと思います。

***********

1日目:ケベックからモントリオールへ
到着した時間が既に夕方だったので、ちょっとだけ地下街を散策しました。地下街はとても発達していて、トロントよりも大きい様に感じました。しかし、夕方6時頃にはシャッターが降りてしまい、地下街は人も少なくガラーンとしていました。もっと地下街を散策したかったのですが、残念です。明日は市内観光に出かける為、地下街には行けないので、もっと残念!

***********

2日目:この日は、市内観光とサンテレーヌ島(1967年に万博の会場となった島)に行き、オールドフォーとスチュワート博物館を見学しました。
~市内観光~
e0011833_22545211.jpg

市内観光の中で、北米最大ともいえるノートルダム大聖堂がいちばん印象に残りました。細密に作られた聖堂の中は、本当に神秘的でしばらく佇んでいた程です。これは、ケベックシティのノートルダム大聖堂よりも素晴らしいと思いました。

~サンテレーヌ島~
e0011833_22552981.jpg

この島ですが、島全体が公園になっています。市街地から島まで地下鉄も通っているので、フェリーでなくても渡ることが出来ます。そしてオールドフォートですが、1822年に作られた砦で、スコットランド軍とフランス軍の軍隊パレードが見られます。あいにく平日で人出も少なかったためかフランス軍は出てきませんでした。どうやら省かれてしまったようです。
スチュワート博物館は、当時の武器や軍服、船の模型などが展示され、植民地時代の歴史に触れる事が出来ます。1500年時代からの展示物もあり、とても興味深く見学しました。

***********

3日目:モントリオール植物園(montreal Botanical Garden)
e0011833_22563014.jpg

この植物園、世界で3番目の規模を持つ広さなのです。一日かけても全部観きれないほど広いので、園内を一周するミニ電車(La Balade)というのに乗って周る事をお勧めします。
熱帯植物、日本庭園、中国庭園まであり、実に見応えがあります。この日も歩きつかれた一日になり、最後に1976年に開催されたオリンピック会場を眺めて帰りました。
e0011833_22571446.jpg

そして、旅行最後の夜はアジアンフードの食べ放題(ビュッフェ)に行き、6日間の出来事を振り返りながら食事をしました。ビュッフェではsushiもあり、子供達には大人気でした。

                           ☆

~旅行を終えて~
心残りといえば、オシャレなカフェやショッピングエリアに行けなかった事、フランス菓子“マカロン”を食べてみたかった事、ベーグルパンを食べなかった事・・などたくさんあるのですが、そんな心残りも思い出のひとつかもしれません。それよりも無事に旅行を終えた事が何よりも良かったと思います。

トロントでの生活では、夫の留学で来ているので無収入になるし、生活するだけで精一杯だと思っていました。それに今年はトロント最後の夏休みということもあり、私としては家族の思い出としてほんの少しでいいからどこか行きたいと思っていた所だったので、この旅行が実現となって良かったです。本格的な家族旅行は、これが初めてです。

夫は9月から学会を控えている為、旅行後からまたいつもの研究生活となりますが、気分もリフレッシュできてこれからもいい論文を書くことができるでしょう。
私も9月からこれをバネにして、心機一転がんばって行くつもりでいます。あと僅かな期間、悔いの無いよう過ごして行きたいと思っています。旅行記はこれで終わりですが、旅の記録として「ケベック、モントリオール土産篇」を最後にして終わりたいと思っています。旅行ではお土産はつきものですからね。
長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-09-02 15:08 | 旅行
旅の記録-ケベック観光
期間:8月19日~20日

古きフランスの香りが刻まれるケベックシティ。3泊して楽しんできました。
今回はケベックの簡単な歴史と、私たちが観光した場所を紹介します。
番号が書いてある場所は、下記に写真があるのでご覧下さい。

ケベックの歴史
ケベックという街は、1608年フランス人探検家の入植よって始まります。毛皮交易などによりフランスの植民地として発展しますが、フランス、イギリスの間で植民地戦争が勃発し、1759年のフランス軍敗北の後、イギリスがケベックを支配することになります。現在、ケベックはイギリス連邦カナダの州、州都ですが、フランス系住民が9割を越え、フランスの文化、伝統が大事に引き継がれています。また古い建築物の残る城壁に囲われた旧市街はユネスコ世界文化遺産に登録されています。ケベックシティは、そんな歴史と伝統が息づくとても素敵な所です。

ケベックシティの主な見所
ケベックシティは崖の高台に発展したOld Quebec(旧市街)、Upper town(新市街)、崖下のLower townからなり、街中に急な坂が数多くあります。新市街には①ケベック州議事堂、キャピタル展望台、ケベック美術館、戦場公園などがあり、私たちが泊まったホテルもこのあたりです。Lower townには北米でも最も古い繁華街といわれている②プチ・シャンプラン地区、③セントローレンス川とチャールズ川が交差している旧港などがあり、この一帯をのんびり散策するのがお勧めです。おしゃれなお店が数多くあります。
ユネスコ世界文化遺産に登録されている旧市街には、④フェアモント・ル・シャトー・フロントナックという1893年に創建され、ケベックのランドマークともいえる有名なホテルや⑤ノートルダム大聖堂、⑥ダルム広場、⑦La Citadelle(要塞)、⑧画家達が集まるトレゾール通りなどがあります。旧市街には観光馬車も走りより雰囲気を醸しだしています。

郊外
ケベックシティの東10km、オルレアン島に渡る橋の近くに、⑨Pare de la Chute-Montmonrency(モンモランシー滝)があります。

*******

e0011833_8431457.jpg

e0011833_8455641.jpg

ケベック観光の初日は旧市街です。午前中は要塞で衛兵の交替式を観て、午後は旧市街を散策しました。一番の思い出はというと、まずはこの坂の多い街を次女を抱っこして歩いた事でしょうか(笑)。ケベックに着いた翌日から次女が歩きたくないと駄々をこねてばかりいたので、夫と交替で抱っこしながら街を散策していましたが、本当にこれだけは辛かったです。たしかに坂が多いので小さい子供には歩いて観光するのはちょっと大変だと思います。逆に長女は逞しく、私よりもハイペースで坂を登ったり降りたり、いつもと違う街の雰囲気をとても楽しんでいるようでした。観光初日の夜は、旧市街にあるイタリアンレストランでおいしいピザとワインです(最高!)。

観光2日目は郊外に出て滝を見にいきました。私たちは市バス#800(Place d'youvilleからBeauport)と#53(BeauportからPare de la Chute-Montmonrency)を乗り継いでいきましたが、#53はバスの本数が少ないので要注意です。#53の代わりにもっと本数の多い#50でもいけるようです。

ケベックで心残りとなったのはもう少しオシャレなカフェテリアでのんびりお茶でもしたかったことかな~。ケベックにはカフェテリア、レストランのおしゃれなテラスが多く、昼間からワインやビールを楽しんでいます(観光客だと思うけど)。でもこういったカフェで優雅に時間を過ごすというのは、子連れ家族にはちょっと無理ですね。子供達はというと、観光よりももっとホテルのプールで遊びたかったようです。

私としては歩き疲れのケベックとなりましたが、とても楽しかったです。
いつかまた、そして今度は雪降る冬の時期にケベックを訪れることができればと願っています。

長い文章、ここまで読んでくださってありがとうございます。
次回は、モントリオールの様子をお伝えしようと思っています。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-30 09:30 | 旅行
旅の記録-1日目 トロントからケベックへ

6泊7日というケベック、モントリオールの旅が終わりました。
旅行も過ぎてみるとあっという間で、楽しかった記憶がどんどん遠ざかって行きます。忘れないうちに家族の思い出として、そしてこれから旅行に行かれる方にも参考になればと思い、旅行記を綴ろうと思います。簡単ではありますが、どうぞお付き合いくださいませ。

e0011833_527546.jpg
(TorontoからQuebecまでの青いルートを通りました)

**********

8月18日(金)

e0011833_2235993.jpg朝9時家を出る
ユニオン駅がVIA鉄道の乗車駅なので、家からここまでTTCの地下鉄で行きました。出発時間が11時半なので朝は余裕あり、私は出かける前におにぎりやサンドイッチを作って行きました。ユニオン駅でもたくさんお店があるので、行きがけにここで購入しても良さそう。ちなみに夫は駅構内で“MR. Sub”のサンドイッチを買って持って行きました。



e0011833_2424043.jpgここがVIAチケットカウンターです。私たちは、出発の2日前にVIAのホームページから乗車チケットを予約し、前日にはチケットカウンターで乗車チケットに変えていたので、出発の当日は時間に余裕がありました。





e0011833_3272422.jpgここが一般乗客の待合所。乗車30分前(出発の約一時間前)ぐらいから自由席乗客はプラットホーム番号の書かれたボードの前に立って並びはじめますが、子連れファミリーやお年よりはここではなく、すぐ近くにある優先乗車待合という場所で座って待つ事が出来ます。小さな子連れファミリーやお年よりは一般客よりも先に乗車を案内されます。これにはびっくりしました。私たちは自由席(conformt class)なので、早めに並んで場所取らなくちゃ・・などと思っていましたが、そんな事は無用。子連れ家族、お年寄りは優先されるのです。しかしみていると小さな子供は女の子だけ優先されていたようで、男の子は一般客と同じ所に並んでいました。(係員が並んでいる乗客のチケットを確認しにきて、私たちは優先席で待つよう指示されました)
電車に乗り込むとすぐ、2人用座席を前後で確保し、前の2席をくるりと回して4人の対面席に変えて座りました。



e0011833_641161.jpgトロントからモントリオールまでいく景色の一こま。
右にはオンタリオ湖、左はこのトウモロコシ畑。とても奇麗でした。私はこんな景色を眺められるのも最初で最後かな?等と思いながら電車に揺られていました。子供達はユニオン駅の係員に貰ったぬりえブックを広げて遊んだり、お八つを食べたりして過ごしましたが、約1名、「もう帰りたい~疲れた~」と言ってるやつが・・(笑)。そう、我が家でいちばんオチビちゃんの次女。なんとかなだめながらモントリオールのGare Central駅に到着。トロントから5時間かかりました。ここで乗り継ぎですが、待ち時間が1時間とあり、駅構内の飲食店でちょっと腹ごしらえ。駅は人でごった返し、トロントへ向かう列は、かなりの行列でした。トロント、モントリオール間は、たくさんの人が行き来するという事がわかりました。

e0011833_4315642.jpgモントリオールからケベックまでの間の風景です。すでに日が落ち始めています。電車の中で見た大きな太陽が印象的でした。ここもトウモロコシ畑が永遠に続いているような広さ。いったい誰がこんなにトウモロコシを食べるのやら・・。所々、牛や馬がいたりして、子供達は見つけるのに楽しそうでした。




*******
e0011833_6122380.jpg
夜9時過ぎにケベック シティーのLa Gare-du-Palais駅に到着。駅からホテルまでタクシーで5分ぐらいでしたが、グイグイと坂道を登っていくではありませんか~。そう、ケベックって、坂が多い街なんですよ。その夜はみんなお疲れなので、行きがけに買っていった“MR. Sub”のサンドイッチが残っていたのでこれを夕食にすることにしました。だけど、ひぇ~サンドイッチが凄い事に~!買って数時間経っているので、パンはつぶれて具の汁でぐちゃぐちゃになっています!!(買ってすぐ食べる事をお勧めします)。でも、お腹も空いてるのでこれで我慢です~。

今回はここまで。次回は、ケベックの市内観光に出かけた様子をお伝えします。
長い文章、ここまで読んでくださってありがとうございます。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-27 06:20 | 旅行
家族旅行
8月17日

明日から1週間ぐらいかけてカナダ国内旅行、モントリオール&ケベックシティの2大都市を巡る旅に出ます。今回はカナダ国鉄(VIA鉄道)を利用します。この夏休み期間、子供料金がなんと無料になるのです。これを見逃してはいけないでしょう(笑)。大人料金のみで行けるというので、予定していた金額よりも安くなり、ラッキーでした!!
トロントからケベックシティまで電車でも9時間程かりますが、車窓の景色を楽しみながら旅をしてこようと思っています。トロント最後の夏、旅の思い出が出来そうです。
この旅の企画を立てくれた夫に感謝します。

ブログはしばらくお休みいたします。皆様もステキな夏休みをお過ごしくださいませ。

では、行ってきます~。

VIA鉄道 詳細ページ(日本語)
http://wcs.ne.jp/via/index.htm?wt.ad=Japanese_link_view&wt.ac=click_Japanese_link

VIA rail canada(英語)
http://www.viarail.ca/en_index.html
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-18 11:21 | 旅行
久しぶりにハンドメイド 
8月15日はれ

久しぶりにこのブログでハンドメイド作品をUPします。
やっと作りました、バンブーバッグ。

e0011833_9213786.jpg布も6月ごろ買って、7月には作るつもりでしたが、大幅に遅れてしまいました。
この数ヶ月、どうしてもやる気が出なかったのです。ミシンに触れる事も布を見ることもなかったのです。自分でも「どうしちゃったんだろう・・」という感じです。
今まで布に触れない日は無い位、布Loveでしたが、どういうわけか見る気も起きませんでした。このまま趣味の洋裁に興味なくなってしまったらどうしよう・・と自分でも心配しましたが、大丈夫。何とかこうやって作れたんだもの、やっぱり好きなんだ、って実感しながら作りました。
と、いうのも、やっぱり必要に迫られて・・というのもあります。実は、このバッグを作ったのも自分用ではなくて、わたしの母にプレゼントするためです。そう、母の誕生日に手作りのものを送ってあげたくて作ったのです。誕生日もだいぶ遅れてしまって申し訳ないのだけど、何かお返しをしたくて作りました。

「お母さん、どうでしょうか?ちょっと派手ですか?それとも可愛すぎでしょうか?
お買い物の時にでも使ってねー。」

母もこのブログを見ているので、今頃ビックリしてるかもしれませんね(笑)
ブログで先にUPしちゃったので、お楽しみが無くなっっちゃってゴメンネ。。。


わたしのもう一つのブログ、「私の時間」に作品の詳細を書いています。
よかたらこちらにも遊びに来てくださいね。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-16 12:19 | ハンド☆メイド
家族でbirthday party
今日は家族で子供達の誕生日会をして、祝いました。

e0011833_1041155.jpg

不安だったケーキも何とか作り終え、予定していた品々も全て作る事が出来ました。6時間ずっとキッチンに立ちっぱなしでしたが、とても楽しく作れました。
失敗もありました。それは、なんとケーキの生クリームの濃度を間違えて買っていました。ホイップしていてもいつまでも固まってこないので、おかしいなぁ?と思っていたら、なんと18%濃度のコーヒー用の生クリームでした(笑)。あらら、これでは固まるはずもありませんね。夫に頼んで駅のスーパーまで買いに行ってもらいました。ありがとうね、夫。
買って来てもらうとすぐにデコレーションに取り掛かりました。この間に夫と子供達は、プレゼント探し(隠したプレゼントを見つけるゲーム)をして遊んでいました。
なかなか見つけることが出来ないプレゼント。子供達も半分イライラしています。高い棚に隠されていたのに、子供達が捜しているスキにパッと取って、すぐにでも分かる場所に置き換えました。そうしたら、あっという間に子供達に見つけられてしまいました。子供達も見つけられて大喜び~。こんな楽しいやり取り、久しぶりにパパと遊べて子供達も嬉しそうでした。

こうして時間も過ぎていき、なんとか作ってお披露目。子供達には手作りという事で、大人気のケーキとなりました。ろうそくは8+6で14本。プラス花火2本付きにして、かなり危険なケーキとなりました!(笑)ケーキの他、ピザとお寿司をも食べて、みんな満足してくれたようです。良かった良かった。
食後は、ママ&パパからのプレゼントで遊ぶ子供達。今週はこのおもちゃで遊ぶことになりそうです。

おもちゃというのは・・・・「TAMAGOTCHI」です~。おもちゃというよりは、ゲームですね。最新版は、なんとたまごっちタウンに行ってパソコンとやり取りが出来る!?そうです。
でも、説明書読んでもよくわからない・・。今のゲームって、機能が多すぎでよくわかりませんね。

たまごっちタウン 英語版
http://www.tamatown.com/
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-14 10:50 | 誕生日会
子供達の誕生日~準備~
8月12日 はれ 夜の気温 19℃~12℃


更新が停滞気味ですが、気長にお付き合いくだされば光栄です。

トロントはすっかり夏の暑さから遠のいて、涼しい日々が続いています。
そんな中、我が家の娘たちが誕生日を迎えました!
長女8歳、次女6歳になりました。
娘たちは3日違いの誕生日。なのでいつも一緒に誕生日会をしてしまいます。
夏休みなので学校にcelebrationしなくて済むのは良いのですが、お友達を呼べないのが残念な所。でも、子供達はケーキが食べれてプレゼントを貰えるだけでとっても嬉しいみたいです。今年もささやかながら、自宅で手作りのケーキとピザ、夫の得意のトロント巻き寿司ロールで、持て成す予定です。(一日キッチンに立っていることになりそう・・)

ケーキですが、昨年は買ってきたものを試しましたが、やっぱり甘すぎてケーキ本来の味から遠のいたものだったのでかなりショックを受けました。青や水色のアイシングも可愛いけど、体に悪そうだし、3日あっても食べきれないだろうという代物なので、今年は私が手作りに挑戦します。ケーキなんてしばらく作っていないのでちゃんと作れるか心配ですが、今年の良き思い出にしたいと思っています。

明日は、partyの様子をお伝えします。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-13 12:09 | 誕生日会
メジャーリーグ観戦!
8月6日、トロントブルージェイズの本拠地ロジャーズセンターで、トロントブルージェイズ対シカゴホワイトソックスの試合が行われ、観にいってきました!大リーグ観戦は、なんとこれが初めてです!お天気もよく、絶好の観戦日和でした~。(暑かったけど)
今日は3連戦のなか日。昨日はジェイズが負けたようなので今日は頑張ってもらわなくちゃ。

e0011833_626513.jpg

上の席でしたがちゃんと見えます。双眼鏡持ってきたのに、こんなので見ている人は私たちだけでしたね~(笑)
e0011833_6403893.jpg
ホワイトソックスの井口選手です!!今日はちょっと不調でしたね~。




e0011833_6462947.jpg

試合中バッターの選手のプロフィールが、このような大きいスクリーンに紹介されます。はい、井口選手です~!!

試合結果は3-7でジェイズが勝ちました。ホームランも出ました!!
試合中、相手チームに数人三振が出て、なんとpizzapizzaのピザが一枚無料になるというサービスもありました!トロントの人、みな大喜び(笑)

試合観戦は面白かったですが、相手チームに対するブーイングがイヤでした。
「ホワイトソックス くそったれ~」みたいな事言ってます。
あと、座席が狭いのですが、背もたれに上の人が足を乗せたりするんです。
トロントの人って、これよくやってます。バスでも地下鉄でも、空いてる席にすぐ足乗せちゃうんですよね。狭い球場の座席なので、さらにイライラしてしまいました。

でも夏休みなので子供も多くて、家族連れで賑わっていて、とても楽しかったです。
またトロントでの楽しみを見つけてしまいました。
あともう1回は観戦しに行きたいですし、冬はホッケーの試合も観にいきたいと思っています。

トロントって、野球は観れるし、ホッケーも見れるし良い所だわ(笑)

**********

「余談ですが、ブルージェイズの打率は、メジャー1位らしいです。
ブルージェイズの打撃コーチという人は、現役時代なんと読売巨人軍でプレーしていたそうで
す。その後、アメリカでコーチ業をはじめ2005年にジェイズのバッティングコーチに就任したそうです。その彼の名はミッキー・ブラントリー。」 (bits のトロントマガジンを参考にしています)

yomiuri online
http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20060807iez1.htm

toronto blue jays公式ページ
http://toronto.bluejays.mlb.com/NASApp/mlb/index.jsp?c_id=tor
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-08 08:25 | トロント生活
トロントも暑いです
8月1日 36℃

もう暑くてたまらないので、一時避難しました!
またまた水遊びが出来る公園に行きました。この前とは違う公園です。

e0011833_3103256.jpg

家の中は蒸し風呂状態なので、家の中よりも公園の木陰の方が風が心地よく、気持ちいいのです。
日差しが強かったので、子供達はかなり日焼けしました。
年々、日差しが強くなっているそうなので、なるべくなら日焼けは避けたいのですが、
外遊びは仕方ないですね。お陰で、私も真っ黒です。
小さい子が多いけど、プールより安心(私も入らなくて済む)なので、
こういう水遊び場があると助かります。

                     場所:Eglinton park
                      Eglinton Av. west



*********

水遊びというと、危険がつきものですが、
<プール事故>「去年の針金交換」 ずさん管理常態化 エキサイトニュースにリンクしています。

日本でのプールの事故。本当に信じられないです。
そこの市営プールの管理者にひどい憤りを感じます。防ごうと思えば防げた事です。
なんでプールをすぐに中止しなかったのか。
それと、このプールのずさんな管理に腹が立ってしょうがないです。
いい加減過ぎます。
こういった手抜きともいえる管理が、事故を招くのですよ。
もう、かわいそうでなりません。同じ年の娘を持つ親として、とても胸が痛いです。
すごく怖かったでしょうね。
亡くなられた女の子のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-03 04:53 | トロント生活
トロントアイランド パーク&ビッグダディーズ
7月30日くもり

今日は、久しぶりに家族でお出かけ。トロントアイランドパークに行ってきました。
e0011833_032726.jpg

トロントからフェリーに乗り、15分ほどで着きます。(海みたいですが、オンタリオ湖です。)
ここは、きれいに整備された公園や遊園地があり、サイクリングも出来るところです。
バイク(自転車)を島に乗り入れる事も出来るので、バイクを押す人や家族連れなども多く、フェリー乗り場は大変混雑してましたが、何とか島にたどり着きました。
e0011833_342282.jpg

着いて島内を散策。池にはアヒルや白鳥がかわいくて、思わずシャッターを切りました。4羽並んでいるところが、かわいいでしょう?(笑)
そして、ランチを食べた後、遊園地に行き遊びました。いろいろ乗って遊んだりした後、夕方6時ごろにはトロントのダウンタウンに戻りました。
そう、この後、あのレストランで夕食を食べに行きたかったので、早めに切り上げました!
あのレストランというのは・・・

BigDaddy'sへ
[PR]
# by cherrybeens | 2006-08-01 04:21 | グルメ
CENSUS(国勢調査)の回収にて
7月29日(土) 30℃ 晴のち雨

数ヶ月前、家のポストに国勢調査の用紙が投入されていたのですが、
うちは短期滞在だから書かなくても良いかな?、なんて思っていたら先週、回収しにやって来ました。来たのはチャイニーズっぽいお姉ちゃんでした。
書いていない事を告げると、「その場で書いて」と言われましたが、難しい質問事項もありその場ではすぐに書けないと思ったので、「英語がわからないから明日にお願い!」と言ってみると、渋々納得してくれました。その夜、必要事項を記入し家のポストに入れておきました。
翌日回収しに来たものの、それから今日、また別の人が回収しに来ました。

「数日前に書いて渡した」という言葉がはっきり出てこなくて、夫に英語で言ってもらうと、「日本人の方ですか?」と言われてしまいました。なんと回収しに来た人も日本人だったのです。
夫と私のやり取りが日本語だったので、それを聞いての事でした。

「こんな所で日本人の方にお会いするなんて、初めてですよ!」と、とても驚ろかれていました。私だって、回収してくる方が日本人だと知らず、(英語での会話なので)とてもビックリしました。
前回の調査票が登録されておらず、再度書く羽目になりましたが、「調査票はすぐに書けるので」との事で、玄関先でその方が私に質問しながら書いてくれました。私も2回目なので伝え易かったというのもあり、5分ぐらいで終わりました。
(日本語だとこんなに簡単に済んでしまうのでとても楽でした。)

それから日本語でOKとわかると、いろいろ世間話をしました。
その方はお子さんが5人いて、既に独立されていて、トロントでずっと生活されているのだとか。私もトロントに来た所以や、来年で帰国することなどを話しました。
すると、
「お子さんが小さいから大変ですが、頑張ってください、せっかくトロントに来たのだから、たくさん楽しんでください」と、言って下さいました。

こんな所で、日本人の方からこんな風に言ってもらえたのがもとても嬉しくて、なんだか感激してしまいました。そうですよね、海外暮らしなんて普通は出来ないのだから、いい思い出作って帰らねば!

それからというものの、なんだか急にやる気が出きて、家の掃除をしました。キッチンの水周り、照明の埃取り、床拭きなどを頑張ってやりました。(普段のいい加減さがバレバレですね)

一期一会だと思いますが、こんな出会いこそ大切な思い出ですよね。
私になげかけてくれたその言葉をいつまでも忘れないでいたいです。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-30 09:00 | トロント生活
長女の風邪、日本語勉強
7月25日 30℃ くもり

昨日から長女が風邪を引き、久しぶりに熱を出しました。
一日家で安静にしていたお陰で、風邪もすぐ治ったようです。
それでも今日は何処へも出かけず、安静にしていました。
遊んでばかりもいられないので、こういう日は日本語の勉強に最適です。
夫が日本へ一時帰国したときに買ってきた漢字ドリルをやりました。
長女は、「毎日漢字を5個ずつ覚えるよ」、と言っていたので、この漢字ドリルも後もう少しで終わります。
この漢字は、まだ小1の漢字なので、これがマスターできたら次は小2の漢字に入ります。
小2の漢字一覧表を見ると、なんと160字あります。覚えなくてはいけない漢字が160字もあるとは、目玉が飛び出てしまいました~(@@)ビヨーン
小1で習う漢字は80字なのです。なんと倍の数なのですよ~。(冷汗)
この夏休みが勝負でしょうか・・
9月から現地学校ではGr3になるし、カナダの勉強も難しくなってきます。
日本語とカナダの勉強との両立は大変ですが、来年、長女がスムーズに日本の小学校に入学できる為にも、今頑張らなくてはいけないと思います。
毎日5個覚えて行けば、160個だと約1ヶ月で覚えられる計算です。
まあ、そうは言っても計算どおりに行くはずも無いので、これは長女のペースに合わせてやっていこうと思います。あと、覚えた漢字を忘れないように、長女が書く日記を日本語と漢字を使って書かせるように促しています。長女も時々書く事を忘れてしまいますが、楽しんで書いてくれればそれでいいのです。
そういえば、最後の日記は1週間前だったような気が・・・(^^;)まあ、しょーがないか。

9月から長女はどんな学校生活を送ることになるのでしょうか・・
きっとハードかもしれないけど、私も最後まで一緒に頑張りますね~!
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-26 03:43 | トロント生活
Edさんのお店
7月24日   22℃  はれのちくもり

e0011833_0152936.jpgまたまたこのお店に行ってきました!Honest Edsです。
なんと23日の日曜日は創立者Edさんのお誕生日で、店内では無料ホットドックやドリンク、お菓子やアイス等が配布されましたが、私たちはコリアンタウンで冷麺を食べたので、無料の物はアイスとお菓子だけ頂きました。Edさんは、この日92歳になられたそうです。今日はEdさんにも会えるかと期待して行ったのですが、
会えませんでした。92歳ですしね~。

商品も安くなっていましたが、私はシャンプーなど消耗品を数個買っただけ。生活に必要な物は全てこのお店で買えます。金の仏像もありますよ~(本当に売り物なのか定かではありませんが・・・)
食器類もこだわりがなければここで揃えるのも良いかと思います。プラスチックからガラス、陶器まであります。安いです。お鍋はアルミからステンレス、鉄、ホーローと数も揃っています。私のお勧めは家庭用ダッチオーブン。Lodgeの物が安く手に入ります。値段は2人用ぐらいの小さなもので、確か40㌦ぐらいで売っていたように思います。(値段が間違っていたらごめんない)

私は、家族でキャンプに行った時、初めてダッチオーブンを使い、この魅力に取りつかれてしまいました。ダッチオーブンでパンも焼けるし、蒸したり揚げ物も出来て色々使える便利な鍋です。キャンプだけではもったいないので、家でも使っていました。カレーやシチューはもちろん、煮込み料理に最適なお鍋ですね。
しかし、鉄なので重いし、使わないとすぐに錆びてしまうし、お手入れが大変なのがが難点ですけど。

お手入れしやすいとなると、ダッチオーブンに似たのがル・クルーゼでしょうか。ル・クルーゼは持っていないので、これも欲しい鍋の一つです。ここのお店にもル・クルーゼに似たキャセロールが売っていましたが、いかにもニセモノっぽくて買う気がしませんでした(笑)。値段はル・クルーゼの半額といった所でしょうか。無名ブランドでよければ、ここで買うと安く手に入りますよ。

私も主婦なので、お鍋の一つは良い物を使いこなしたいと思っています。
次の結婚記念日に夫からル・クルーゼをプレゼントしてもらおうと考えているのですが・・
(勝手に決めている)
ル・クルーゼは、こっちで買っても日本で買っても値段は大して変らないので、帰国したら望みの物を買ってもらおうと考えています。

おーい、夫よ、よろしくね。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-25 01:54 | トロント生活
McDonald's Play Place
7月19日 27℃ はれ

今日は朝から体がだるくてどこにも出掛けたくなかったのですが、一日ダラダラしているともっとだるくなると思い、今日はPlay Placeがあるマクドナルドへ行ってきました。
マックと聞くと、子供達は「イエーイ!」といった感じ。いつもは飲めないコーラーも飲めるし、おもちゃは貰えるわで、嬉しくなるのです。
最近の娘たちは、Kids Meal(ハッピーセットと同じ)だけでは足りないと言い張ります。
食の細い長女でさえ全量食べてしまいます。もう8歳だから当然のことかもしれませんが、そろそろ大人向けメニューが必要かな?と思いました。
次女もよく食べます。長女よりよく食べるので、いずれ体重は逆転するでしょう。二人とも「足りなーい」といって次をおねだりしましたが、「よし、じゃあ遊ぼう!」と私が言いうと、たちまち食事から遊びモードへと切り替わり、おねだりはしなくなりました。
(本当に食べたいのかが疑問なんですよね)
遊び場所といっても特別広くもなく、日本のものとなんら変わりないです。グネグネした滑り台が交互に重なっていたり、トンネルがあったりです。しばらく娘たちが遊んでいると、中国系カナディアンのBoysが声をかけてきて、娘たちと遊びたい様子。娘達より年が下のようですが、向こうも兄弟で2人組み。でも娘たちは知らん顔(笑)。こういう時って意外とクールな娘たち。
わざとモンスターの真似をして「ウオ~」と怖い顔をして、気を引こうとするお兄ちゃん。でもこれがぜんぜん怖くなくって、声がうるさいだけ(笑)。弟の方も負けず劣らずお兄ちゃんの真似して「ウオ~」と叫ぶけど、こっちはかわいい雄叫びって言う感じ。娘も娘で、ジローーーって見て「キャァ~」なんて言ってみたりするので、調子に乗ったお兄ちゃんがさらに叫んで、遊び場に「ウオ~」が響きわたり、うるさいのなんのってありゃしない。(他の子も嫌な顔をしていました)
そこで、そのBoysたちのママが登場。「女の子がビックリするわよ」とか「怖がっているから止めなさい」とか注意していましたが、やんちゃなBoysはママの言う事なんか聞きません。
仕舞いには「あと5分よ~」と時間制限をかけられてしまったBoys。でもそのママは私に色々と声をかけてくれました。私もこういう事情でここに来ているのだとか、子供の話とか少しだけ会話しました。そのママの着ているTシャツをよく見ると、なんと夫の研究室のある病院の名前が書いてありました。
「失礼ですが、あなたの着ているTシャツは、今、私の夫が勤めています」と言ってみたら、
あら~そうなの。私は癌の専門の何とか何とか~~と話していました。
「何とか」って言うのはよくわからなかったのです~(^^;)。
その後も少しお話しました。(英語なので私は話を聞いているだけなのですが・・)

5分の時間制限が10分に引き上げられ、Boysはご機嫌。でも娘たちは不機嫌。
私としては久しぶりの英会話で刺激もあり、ここに来て良かったと思いました。
犬も歩けば棒にあたる・・ってまさにこの事なのね~(大げさかもしれませんが)と思いつつ、今日のブログに書き記しました。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-20 09:14 | トロント生活
公園で水遊び♪
7月17日 34℃

日中はとっても暑くて家に居られない。エアコン無し、リビングの窓は開かないし、最悪の家から今日は脱出!久しぶりにTomonahoNさんと公園で落ち合い、子供同士水遊びをさせに行ってきました。小さい子供さんが遊ぶには最適な水遊び場です。子供が浸かっても足ぐらいまでなので泳ぐ事は出来ませんが、我が家の娘達も水着着用で大いに遊びました。

                水がかなり冷たくて、急には入れません。
e0011833_13575318.jpg

                おばけのような体勢の長女です。笑えます~(笑)
e0011833_13582751.jpg

                長女2連発写真です!

                大人はぺちゃくちゃお喋りに花が咲きました。
                暑かったけど、木陰は気持ちが良かったです~

         公園内に無料プールもあるのですが、かなり混雑していました。
         今度はプールに行きましょうね♪

                


               場所: christie park
          TTC christie 駅(Bloor- Danforth)降りたらすぐ

         
      
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-18 14:18 | トロント生活
トロント子供病院~Sick Kids~
7月14日 晴 29℃ 今日は暑かった~

e0011833_7415818.jpgトロント大学周辺には巨大な専門病院がたくさんありますが、その中にトロント子供病院(The hospital for sick children)というのがあります。トロントでは通称“SickKids”と言われているので、トロント在住の方なら一度は聞いたことがあるかと思います。私もいつも行くスーパーでSick Kids へのドネーションを何回か呼びかけられたことがあります。かわいい花のモチーフを一本2ドルで買い、ドネーションにしたこともあります。今日は、そのSickKidsに行ってきました。
ここの病院内におもちゃや絵本が定価より安く買えると聞いていたので、次女が欲しがっているエリックカールの絵本が安く買えないか見に行ってきたのです。品数は、おもちゃ屋よりは少ないですが、行って見るだけでも楽しめます。おもちゃの値段は、定価11㌦の物が8㌦程度で売られているので、まあまあ安いかもしれません。絵本は、思っていたよりも品数が少なかったので、欲しい物をここで見つけるにはちょっと大変かと思います。次女の欲しがっていた絵本も置いてなくて、結局、家に近いブックストアで購入しました。

それにしてもこの病院はものすごく大きくて、1階の正面玄関から入るとフロアにはFood コートや小さな出店も何店舗かあります。出店ではお寿司も売っています。1階のフロアをまっすぐ進んでいくと院内にMain Streetという廊下が続いており、この通り沿いにもおもちゃ屋さんや、カナダのスポーツブランド“Roots”があります。おもちゃ屋にはなんと私の欲しかった“Crocs”のサンダルも売っていました!これは定価どおりの値段でした。
他には、病院内に薬局屋もあるし、バーガーキングやティムホートンズ(コーヒーショップ)やスターバックスも入っているので、一般の利用も勿論OKです。
これだけお店が入っている病院なんて、日本では考えられないですよね。日本の大きな病院には喫茶店やちょっとした食堂ぐらいは入っているものの、あとは小さな売店ぐらいなものでしょう。

大きな病院にびっくりするばかりでしたが、日本とトロントの病院の比較も出来て、
楽しむことが出来ました。

sick kids
http://www.sickkids.ca/default.asp
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-15 11:03 | トロント生活
図書館のイベント2
7月13日

e0011833_752938.jpg今日も午後から図書館のイベントに参加してきました。場所はThe Beach地区に近いMain Street Library (MA)というところです。今回のイベントは日系スタッフによる日本の紙芝居と、折り紙です。参加人数も親子合わせて30人以上いました。参加年齢は5歳から12歳ですが、もっと小さなお子さんもお父さんと一緒に参加していたり、お父さん参加率も高かったです。
今回は紙芝居などの日本文化を楽しむ内容なので、日本人も参加しているかと期待して行ったのですが、私たちの他に女の子が一人だけでした。あとは多国籍いろいろといった感じでした。
紙芝居はあの有名な「ももたろう」でした。英語だと「Peach Boy」というそうです。
(なるほどぉ~)
英語版「ももたろう」初めて聞きましたが、話を知っているだけあってとても楽しめました。
娘達も話は知っているので、楽しんだようです。

そして、お話の次は折り紙。また鶴でも折るのかな?と思いきや、今日は「だまし舟」「紙風船」「金魚」のどれか一つをグループになって作ると言うものでした。娘達ももいろいろ知っていますが、二人とも「金魚グループ」を選び折りました。長女は私と何回か折っていたので、得意になってスイスイ一人で勝手に折っていると、グループの女の子達がじーっと長女の方を見ていたり、不思議そうに眺められてしまいました。

日本人なのに海外にいて日本の文化に触れる。なんだかとても不思議な感じでしたが、日本の文化を再認識する意味にもなり、改めて日本の良さを知った私です。
それに今日は大勢の人が集まって、こんなに興味を持って来る人が意外にも多い事に驚き、嬉しくなりました。
今日は、この図書館へ行くだけでヘトヘトになってしまいましたが、(道を間違えて逆戻りしたり・・・)十分な収穫のあった一日になりました。

肝心の娘たちは・・・? 感想を聞くと次女は「楽しかった~♪」と。
長女は不機嫌な顔して、「まぁね」と。 はぁ~。最近お出かけが嫌いな長女なので、出かけたがらないし、不機嫌な時も多いので困ってしまいます~。

でもまた連れて行くからねぇ~。

~トロント公立図書館~
Main Street Library (MA)
http://www.tpl.toronto.on.ca/hou_az_ma.jsp
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-14 11:38 | トロント生活
図書館のイベント
7月11日

e0011833_8152735.jpg今日は午後から、Oakwood Village Library and Arts Centre (OV)という トロント公立図書館のイベントに参加してきました。
ここの図書館のイベントは、“Quest for Heroes”と題して、7月から8月までの間に9回ものイベントが用意されています。今日はすでに3回目だったのですが、3回目の今日は、


“Japanese Heroes hear legends of Japanese greats and do an origami
cfaft .Parents are welcome to assist younger children with origami.
Age 6 and up.”
という事で、ライブラリアンから“SAMURAI”についての絵本の紹介と、*SADAKO という絵本の読み聞かせ、簡単なwords quiz、そして最後に“Origami”で鶴を折って終わり、というものでした。参加数は子供が15人ぐらい。年齢は6歳からとなっていましたが、3歳ぐらいの子でも兄弟で参加していました。親は少数でしたが、私も一緒に参加しました。
“SADAKO”の話は私は知っていましたが、うちの娘たちは知らなかったので、見入って聞いていました。折鶴は、日本では最もポピュラーな折り紙なので、うちの子も得意になって折っていました。ライブラリアンが丁寧に折り方を指導するのですが、ある子は折り方が難しいのか飛行機風に折ったり、またある子は折り紙をくちゃくちゃにし、何枚も貰っては折ってみるものの,上手に出来ないので途中で諦めちゃう子などいろいろいましたが、みんな真剣に折っていました。最後にwords quizの用紙を貰って、「来週来たときに提出してね~」とのこと。あと、絵葉書をお土産に貰いました。子供達も久々に生英語を聞いて刺激を受けたようで、家に帰ったら次女が長女に
「Do you wanna play with me ?」なんて生意気にも英語で誘っていました。長女は疲れたのか「遊ばない~」と、思いっきり日本語で答えていました(笑)。

公立図書館イベントは、もちろん無料で誰でもいつでもどこでも受けられるので、図書館に置いてあるフリーペーパーで情報をチェックし、面白そうなイベントがあれば行くのもいいかもしれません。トドラー向けのストーリータイムや、ベビー用のお遊びタイムなども揃っています。
ここの公立図書館は、小さいながらも地下にイベントスペースがあり、メインフロアでは、ちゃんとkidsコーナーとテーブルが幾つもあり、子供に対して優しい雰囲気にもなっていました。
ただ、我が家からはかなり遠いので、数回通えるかが問題。今日も満員バス&電車に揺られながらの帰宅でヘトヘトになりました。ここの図書館に限らず、トロント中にはたくさんの公立図書館があるので、いろいろ尋ねてみるのも良いかな?と思っています。

~追記~
*SADAKO・・広島原爆で亡くなった少女のお話。
キッズ平和ステーションで詳しい内容がご覧いただけます。
http://www.pcf.city.hiroshima.jp/kids/KPSH_J/frame/hirotop1.html
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-12 09:19 | トロント生活
今日の晩ご飯
7月9日 sunday

e0011833_1474778.jpg今日の夕飯はお寿司です。我が家ではよく手巻き寿司を作って食べるのですが、巻きすを使ってのお寿司はなかなか登場しません。
夫が仕事帰りにスーパーに寄って、具を買ってきてくれました。
サーモンロールとアボカド&かにかま巻きを私が作り、夫は「ダイナマイトロール」「トロント巻き」というのを作りました。「トロント巻き」というのは、夫が勝手に作った名前です(笑)。具は、アボカドと海老をミンチにしてマヨネーズと合わせたものらしいです。レシピも夫独自。ダイナマイトロールは、太巻き風にし、アボカドとサーモンをどーーっと巻いた物です。具を多く乗せ過ぎて崩れたのも何個かありますが、なかなか味はGoodでした。

ひさしぶりの一家団欒で、家族みんな美味しく頂く事が出来ました。特に娘たちはお寿司が大好きなので大喜びでした。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-11 01:54 | トロント生活
St. Lawrence Marketでお買い物、アンティークキルトに一目ぼれ
7月8日

e0011833_1271176.jpg今日は、トロントでも有名なマーケット、St. Lawrence Market(セントローレンスマーケット) へ行ってきました。
ここはフレッシュな野菜、果物 生鮮食材が豊富で、おまけにチーズも見事なぐらい揃ってる大きなマーケットです。雑貨やアクセサリーも揃っています。今日のお買い物は木箱入りチーズ。最近、このチーズの「木箱」に凝っているのです。北欧だったら木箱入りチーズは豊富にあると思いますが、こちらは木箱というと数が少ないので、美味しいチーズとかわいい箱を見つけるのに苦労します。
さっそく、店内を上から下までぐるりと回って、お目当てのチーズ売り場で2種類のチーズとクラッカーを買いました。それから、しばらく店内をブラブラ歩いていると、コットンの糸で編んだニット専門店があり、ここでかわいいキャスケットを発見しました。値段も38㌦とまあまあな値段。他にもカーデガンやニットワンピース等もあり、かなり高価でした。欲しいけどまた今度です。
それから、マーケットを出てストリートのベンダーに行ってみると、な、なんと!アンティークファブリックや家具を発見!ビンテージ物のキルトや麻の緑色のブロックチェックのテーブルクロスなど、私好みの物がいっぱいあって、大・大興奮~♪。私の頭はチーズの箱よりもこっちの方に頭が行っちゃって、のぼせてしまいました!一目でキルトとテーブルクロスに恋してしまいgetしたい気分♪でも、ここで買ってしまうと衝動買いだし、まして値段もイマイチわからない。きっと高いだろうな~と想像しつつ、今回は諦める事にしました。
でも、でも、やぱり家に帰ってもそのキルトの肌触りや色合い、クロスのチェックの色がとってもステキで、今も忘れられない。夫にしてみればこんな物は不用品だとか言うし。全く、話にならない(笑)。今夜は一目ぼれしたキルトを想いながら、寝ることにしよう。

St. Lawrence Market
セントローレンス・マーケット
92 Front St. E
Tel. 416-392-7219
http://www.stlawrencemarket.com

おまけ
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-09 13:35 | トロント生活
トレイルを楽しむ
7月7日 七夕ですね

e0011833_1251687.jpg

今日は午前中、子供達の靴洗いとバスルームの洗浄(浴槽&バスカーテンの漂白)をして、午後から近くの公園に行きました。そこは、長女がエマちゃんのbirthday partyに参加している間に次女と2時間だけ過ごした公園です。この公園、普通の遊具や広場だけでなく、下の方へ降りていくと、ちょっとしたトレイルを楽しめるようになっているのです。

崖っぷちも多いので、子供達には危ないかな?と思いましたが、全然平気!特に次女は好奇心旺盛なので、廃木で道を塞がれていても飛び乗ったりまたいだり、おまけにくぐったりと、かなり活発に歩いてくれました。「キュリアス次女」って呼んでください(笑)。
長女は、私が道に迷って帰れないんじゃないかと心配し、「もう帰ろうよ~」の連発。それに「熊が出そうだ」とか言ってるし(笑)。かなり神経質な長女です。
私が「大丈夫だよ」となだめても、心配性はおさまりませんでした。
それに途中で「おトイレがしたい」というので、なくなく来た道を戻りました。
(行く前にさせるべきでした。)
それでも40分ぐらいは楽しんだでしょうか。子供達にはもっと自然の生き物なども触れさせてあげたいという思いがあったので、こんな近場で楽しめて良かったです。
長女は、きれいな蝶を発見したり、次女はクモの巣がきれいだ!と興奮したり、楽しんだようです。
帰りはTTCバスの中でこっくり船を漕ぐ次女。かなり疲れたようです。しかし!帰ったら帰ったで目が覚めてパワー全開。日本で流行っているムシキングカード(カブトムシやクワガタのカードを使って遊ぶ対戦ゲーム)をリビングにばら撒き、長女とムシキングごっこ。
(はぁ~、このまま昼寝でもしてくれたら楽なんだけどね)。

子供ってたくさんパワーがありますね。だから母は毎日疲れるわけよ~
お父ちゃん、明日は子供の面倒お願いね~(笑)
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-08 12:20 | トロント生活
ボストン写真紀行~♪
夫が学会でボストンへ行った時の写真を少しだけ載せてみました。
今まで日本国内にとどまらず、海外での学会には数多く出席している夫ですが、この様な写真を撮ってきてくれたのは今回が初めてです。同じ研究室の中国人の先生と各地を見学したので、それで一緒に写真を撮ったようです。
ボストンというと、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学があるところで有名ですね。あとは、ボストン小児病院という小児専門病院があるのでも有名です。

さて、まずは、ボストンの街並みから。
e0011833_2344728.jpg
ボストン中心部。
古い建物が多いボストンらしいですが、中心街はやっぱり高層ビルが立ち並んでいますね。




e0011833_23483156.jpg


大きな川が流れているようです。その川にかかる橋がまたステキ。





e0011833_2351382.jpg
これがあの有名なハーバード大学です。入り口がたくさんあるようですが、ここは裏門の方でしょうか。建物は古く、趣のある外観です。創立は1636年だそうです。さすがアメリカ最古の大学ですね。ハーバード大学出身者で思い出すのは、私はすぐにパックンマックンのパックンを思い出します(笑)。あとは雅子様でしょうか・・。それと、最近のニュースで、サッカーの中田選手がこの大学でMBAを取得したいと考えているようですね!この人もいずれこの大学に入学するのでしょうか・・。

e0011833_615685.jpg
この銅像はハーバードさんです~。
夫もいっしょに写っていましたが、夫が写っていると恥ずかしいのでカットしました。(ごめんよ~)
夫の手がハーバードさんの靴に触れているようです。この靴に触れると幸運が訪れるっていう事らしいですが・・・。
やっぱりこれは事実??だって賞をとったんですもの。
(あ、でも、もしかすると賞を取った後の写真かもしれませんけどネ)





e0011833_556145.jpg
えーっとここは何でしたっけ?








e0011833_0122884.jpg
アメリカで最も古いレストランがボストンにあります。これがそのお店、「Union Oyster House」というレストランです。魚介類の専門店でしょうか。
夫はここで大きなロブスターを食べたようです。もちろん、これは教授のおごりだそう。普通サイズを注文してもかなり大きくて食べ応えあるようです。しかし、そのロブスターって、なんとカナダ産だったようです。それを夫が話してくれた時は私も大笑い。ボストンの有名なレストランでカナダ産のロブスターを食べたという話は、私も忘れられない笑い話になりました(笑)。夫にとってもにこれもまたいい思い出になった事でしょう~。

あと、夫がロブスターよりも絶賛していたのは、ボストンでの中華(飲茶)だったそうです。トロントでも食べた事ないような究極の美味しさに驚いたそうです。それからというもの、夫はずっと「飲茶を食べに行きたい・・」と言っていました。そして先週、トロントで美味しい飲茶が食べれる所を探して行ってきたという訳です。その土地の名物を食べるのは納得しますが、ボストンで中華とは意外な感じがしました。

今回、アメリカ・カナダ国際学会の開催地がボストンでした。優秀賞までいただいた訳ですから、夫も思い出の場所となった事でしょう。
しかし、これから一先ずゆっくり出来るかと思いきや、次の学会に向けてさらに熱を上げているようで、本当にエンドレスで困りました!次はカナダ国内の学会を控えているので、夫の実験は今夜も続くようです。
私としてはホドホドにしてもらいたいのですが・・。
果たして、トロント最後の夏、夫の夏休みはあるのだろうか、不安な私です。
[PR]
# by cherrybeens | 2006-07-07 07:04 | 私の夫