アリアを聴いて・・・
3月6日(火) -20℃ 晴れ

今日は異常なくらい寒い。
こんな日は家でのんびりと過ごしたかったけど、日本食で食べたいものがあったので、コリアンタウンまで買い物に行きました。
その帰り、Bloor の駅でストリートミュージシャンがバイオリンを弾いていました。弾いていた曲はバッハのアリア。この曲を聞きながら電車を待っていると、2年間暮らした日々が思い出され、思わず涙がポロリこぼれてきました。
バッハの曲が私にとって思い出の曲でもなんでもないのですが、もう、この駅で音楽も聴けない、電車を待つことも電車に乗ることもないのかと思うと、たまらなく悲しくなってきて、涙でいっぱいになってしまいました。
Bloorの駅で泣くなんて、本当に恥しい・・。
Eglintonまで涙が止まらなくて、被っている帽子で顔を隠しながら帰りました。
幸い電車の中は人が少なかったので、誰にも気づかれずに済みましたが・・。

アリア、いい曲ですね。
日本に帰ってこの曲を聴くと、きっと今日の出来事を思い浮かべるでしょう。

もうすぐトロントともお別れ。悲しいけど、これが現実。
今はいっぱい泣いても、最後の日だけは泣かないで帰りたい。
[PR]
by cherrybeens | 2007-03-07 09:42 | トロント生活
<< 学校最後の日 Eigoduke(英語漬け) >>