最後に・・・
久々にブログを書いています。

毎日数人ですが、このつたないブログにアクセスしてくださる方がいてうれしく思っています。
詳しい検索サーチやアクセス解析はつけていないので、どういったルートで見に来ているのかわかりませんが、“トロント生活”で検索してこのブログがヒットするのでしょうか。いずれにせよ、アクセスがあるというのはうれしい事です。皆様ありがとうございます。

トロントから帰国して既に2年が経ち、カナダで暮らした2年という月日を今と同じ時間を過ごしてきたのかと思うと、本当に本当に2年間なんてあっという間だったんだなとつくづく感じます。
あの2年間は私の中では今でも特別で、本当にいい思い出です。思い出すと胸がきりきりと痛み出すので、あまり思い出さないようにしているのですが、こういう風に書いているとダメですね。涙がこぼれてきそうです。

だから普段はこのブログも読まないし写真も見ません。
見ると永遠に見続けてしまいそうで怖いですー。。
ブログを開くのも久しぶりなのです。
過去の日記を読み返すなんてのも恥ずかしいし、下手な文章だからなおさら見るのがイヤだし(笑)。
でもいつかは勇気出して初めから読んでみるのもいいかなと思っているのですけどね。(思ってるだけ)

私の近状ですが、昨年から仕事復帰をを強く考えるようになり、今年の正月早々から就職活動を始めて、あれよあれよと事が進み、やっと看護師の仕事に復帰しました。今年の2月から仕事を始めています。
11年のブランクがありましたから、それはそれは仕事に対する不安は壮絶なものがありました。でもまあ何とか苦しい状況を乗り越える事ができて今に至ってます。

仕事は老人福祉です。
本当は小児医療での復帰を考えていたのに何故か老人になってしまいました。
初めは望んで入った施設なのに、数日で仕事をするのがイヤになってしまいました。老いていく人間の哀れな部分を診るのが辛かったのです。まだ子供の方が未来があって良いかと。それか病人を看護する方がまだマシかと・・・。
今では仕事にも慣れてきたのでそんな風には思わなくなりましたが、久々の仕事はギャップとの戦いでもありました。

仕事は慣れも大事ですが、慣れてくるとだんだん物足りなさも出てくるんですよね。もっと自分には高度な医療現場でも働けるのではないかとか思っちゃったりするんですけど、まだまだ私は駆け出したばかり。
しばらくは施設の看護師として私の持っている最大限の知識や技術を活かして、がんばってみようかなーと思っています。毎日でもないけれど、看護の勉強もちゃんとしていますよ(^^)

**************************

ここに記録を残すのはもうこれが最後になるかと思います。
2005年にカナダに行って2年後に帰ってきて、それからダラダラと今現在(2009年5月)の私の近状で終わるという、変なブログになってしまいましたが、最後にここへ残す事ができて良かったと思っています。

トロントへは絶対にいつかまた訪れたいと思っています。
そのときのことをブログに書けたら幸せですが・・・
どうなりますか・・・・

今でもカナダ大好きです。
I Love CANADA!!

いつか絶対、行きますから。


2009年5月30日 cherrybeens
[PR]
by cherrybeens | 2009-05-29 01:27
写真で綴るトロントの思い出・2 >>